株式会社日本フロンティア

株式会社日本フロンティア
研修制度

成長し続ける会社であるために。

日本フロンティアが組織として取り組む活動は、価値観の共有や業務品質の向上を手厚くサポートし
社員ひとりひとりの能力をしっかりとひきあげることが目的。
そして真摯に努力を続ける社員に多く恵まれたことで、
日本フロンティアは日本ナンバーワンを目指せる営業会社に成長しました。
お客様からお礼のお手紙を頂いたり、時にはお叱りのお言葉を頂いたり、直接対面しているからこそ人間力が必要。
そんな中で助け合う仲間と今まさに個人、会社共に成長中。
全員が“稼げる腕”をもてるようになれば、おのずと会社も“稼げる術”をもてるようになるのです。

  • 経営計画書

    日本フロンティアの今期の経営計画および経営方針が明記してあります。その一言一句をしっかりと 覚えこむことで、社員全員の意識が統一されるとともに上司から部下への指導も統一されます。
    なお、経営計画および経営方針は、お客様からお褒めいただいたこと、お叱りいただいたことをもとに、 社長自ら内容を毎年改訂しています。
  • 同行営業〈未経験の方も安心して働けます〉

    社内研修にて営業のマニュアルを学んでもらい、現場では先輩が同行営業して契約のサポートをしてくれます。
    営業力が無くても必ず売らせてくれます。一人前の営業マンになるまでは先輩が全て教えてくれるので安心して稼げる研修期間を設けています。
  • 方針勉強会

    経営計画書の方針を毎日朝礼前に勉強会をおこなっています。
    これは経営計画書に書いている方針を読み上げ、社長が30分間解説をします。
    方針を伝えることは土の中に種を植えるような行為だと思います。
    それがすぐ芽をだすかもしれないし、遅いかもしれない、だから丹念に水をあげ続けます。 人も花も勝手には育ちません。いくら素晴らしい方針があっても業務を実効する社員が理解して いなければ意味がありません。だから繰り返し繰り返し勉強します。
  • 営業内勤事務勉強会

    普段外回りがほとんどの営業マンが、3ヶ月に一度事務の仕事の内容を勉強するため1日内勤で勉強します。
    営業マンからは考えられないコツコツと地道な業務や、ひとつ間違えば大問題になってしまうような神経を使う 業務など凄く勉強になります。逆に営業マンから、事務からは思いつかない業務改善案がでたりもします。
    営業と事務がお互いの仕事の楽しみや難しさを共有することで思いやる気持ちが生まれます。
  • 事務現場営業勉強会

    普段内勤業務がほとんどの事務員さんが、3ヶ月に1度営業の仕事を勉強するために 1日営業マンに同行をおこないます。
    毎日の入力業務があるのも、お客様からのお問い合わせがあるのも営業マンが コツコツ頑張ってくれているお陰だと再認識できます。
    そして、実際の営業現場を見ることでお客様のお問い合わせに対してより感謝を込めて ご対応できるようになります。
    事務と営業がお互いの仕事の楽しみや難しさを共有することで思いやる気持ちが生まれます。
  • 事務OJT

    電話対応の練習を週1回おこなっています。
    最初の第一声で、会社の印象が決定づけられるのが電話応対です。
    電話応対では顔は見えません。しかし顔は見えなくても声の大きさ、元気よさ、愛想よさから、 会社の印象が決まります。
    お客様からの質問で多い内容をリストアップして、その内容に対する回答を作成し、話し方まで 繰り返し練習を行うことでお客様満足に繋げています。
  • ベンチマーキング

    2ヵ月に1回、他業種の会社へ訪問し、考え方や、仕事内容の視野を広める研修です。
    まったく関係がない会社でも、行ってみると意外と共通することや、なるほど、うちでも使えるな!と思える事はたくさんあります。
    まったく違う業種に訪問することで、見聞を広げ、斬新な新しいアイデアの業務改善が今までも行われてきました。

Copyright © 2014 株式会社日本フロンティア